2013年 10月 18日
報道関係者各位
データハウス ビーグル
株式会社徳川システム


iPadアプリ
「スタートレック™ ザ・ネクストジェネレーション インタラクティブ・テクニカルマニュアル」
発売のお知らせ



 データハウスビーグルのブランド名でソフトウェア事業や書籍事業を展開している株式会社徳川システム(札幌市、千葉博人社長)は、オフィシャルiPadアプリ「スタートレック™ ザ・ネクストジェネレーション インタラクティブ・テクニカルマニュアル」を2013年10月18日に発売いたします。
 「インタラクティブ・テクニカルマニュアル」は、米国のSFドラマシリーズ「スタートレック™」を基にしたアプリで、「新スタートレック™」に登場する宇宙船、U.S.S.エンタープライズNCC-1701-Dの内部を見学しながら作品世界について知ることができる内容になっています。価格は1,500円ですが、2013年11月5日までの間は発売開始記念価格として1,000円で販売いたします。



 「スタートレック™」は米国で最も人気があるSFテレビシリーズのひとつです。1966年の初放送以来、5つのテレビシリーズと12本の映画が作られています。
「インタラクティブ・テクニカルマニュアル」は、「新スタートレック™」に登場するU.S.S.エンタープライズNCC-1701-Dの艦内を見学するアプリで、ブリッジや機関室などの主要な施設を360度見回すことができ、さらにそこにある設備や装置等の説明も参照できます。説明では、実写の動画や画像が表示されるほか、音声の説明も流れます。説明音声は「新スタートレック™」でコンピュータボイスを吹き替えていた磯辺万沙子氏によるものです。
 見学できる施設は「ブリッジ」「艦長作戦室」「観察ラウンジ」「医療室」「転送室」「機関部」「ホロデッキ」「バーラウンジ」と、4つの私室、「船体外観」の13カ所です。説明されている項目は300以上で、制作裏話も収録されています。また、それらの項目を索引で調べることもできます。
「ツアーモード」を選択すると、「新スタートレック™」のピカード艦長による船内各所の説明を聞くことができます。ピカード艦長の声もテレビシリーズなどの吹き替え版と同じく麦人氏が担当しています。

 「インタラクティブ・テクニカルマニュアル」は、1997年に発売されたWindows/Macintosh用の同名CD-ROMソフトウェアの素材を元にiPad用にリメイクされたものですが、iPadはスタートレック™の劇中に出てくる携帯端末装置であるPADD(パッド)と形状が似ているため、本格的にスタートレック™の世界に浸れます。

 なお、このアプリは容量が大きいため、購入にはWi-Fi環境が必要になります。



 徳川システムでは現在、スタートレック™の日本語公式サイト「スタートレック™ ネットワーク ジャパン」(http://www.startrek.ne.jp)を運営しており、iOS用日本語版「スタートレック™」アプリとして、インタラクティブアドベンチャーゲーム「スタートレック™:クリンゴン」も販売しています。


「スタートレック™ ザ・ネクストジェネレーション インタラクティブ・テクニカルマニュアル」
https://itunes.apple.com/jp/app/id716505948?mt=8

対応機種: iPad (iOS5.1以降)
容量: 約400MB
カテゴリー: エンターテインメント
価格: 1,500円(11月5日までは1,000円)








※「スタートレック™」は、CBS Studios Inc. の商標です。
※TM & (C) 2013 CBS Studios Inc. STAR TREK and related marks are trademarks of CBS Studios Inc. All Rights Reserved.